Welcome


横浜教区 第25期 信徒神学校 募集は8月中旬からです

第25期コースご案内



講師から一言


1 初めてのパウロの手紙         講師 司祭 サムエル 北澤 洋

 主日礼拝の使徒書として朗読されることが多いパウロの手紙ですが、詳しいことはよく知らないという方が多いと思います。この講座では、パウロの真筆とされる七つの手紙を取り上げ、個々の手紙がどのような歴史的背景・状況の中で書かれたのか、また個々の手紙の特徴や思想、ポイントとなる箇所について学び、理解の手助けにしたいと思います。
1 はじめに パウロの手紙概論、テサロニケの信徒への手紙一
2 コリントの信徒への手紙一
3 コリントの信徒への手紙二
4 ガラテヤの信徒への手紙
5 フィリピの信徒への手紙、 フィレモンへの手紙
6 ローマの信徒への手紙 まとめ
                      (鎌倉聖ミカエル教会牧師)

2 人物で見る聖公会の神学散歩       司祭 テモテ  姜  炯俊 

 「聖公会は特定の神学的な立場を持たない教派である。」という言葉を聞くときがあります。特に聖公会が持っている「多様性」という特徴を説明するときにこのような話をよく聞きます。この言葉は半分は合っていて、半分は間違っています。
 本講義は聖公会の歴史の中で活躍した人物を中心に、その時代背景と人物の神学思想、そしてその影響を探り、それを通して「聖公会の神学とはなにか。」を考察することを目的としています。人物と神学の紹介程度なので思想の深いところまでは入りませんが、信仰の先輩たちがその時代にどんな悩みを持っていたのか。そして神様とこの世界について信仰の先輩たちはどのように考えていたのか。それを通して教会はどうやって発展してきたのか。その物語を探っていく中で聖公会が大切にしている神学に触れることができればなと思います。
                        (小田原聖十字教会牧師)

10月1日 開 講

期  間:2019年10月1日~2020年5月31日

講座形態:1か月に1回(全6回)講座テキストを送付します。
     レポートを返送する通信方式です。
        3回以上のレポート提出をお願いいたします。


受講料:1講座 6,000円

     テキスト代、発送費、スクーリング代を含みます。
     レポート送料は受講者負担となります。

 案内のパンフレットを8月10日頃各教会に配布します。
 申し込みの受け付けは8月中旬からです。
 お問い合わせは下記にお願いします。

  〒221-0852 横浜市神奈川区三ツ沢下町14-57

      横浜教区教務所内 信徒神学校事務局

  TEL:045-321-4988 FAX:045-321-4978

  E-Mail:shuumu.yokohama@anglican.jp


信徒神学校スタッフ

校長          マルコ  平岡 義和
チャプレン   司祭 バルナバ 田澤 利之
教育主事    司祭  サムエル 小林 祐二


スタッフ           

ペテロ   高橋 紀道

セシリヤ   富安 厚子  ヨハネ  和田 實